読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【災害】マンションで火災が発生、ペットを避難 ~Yahoo! JAPAN ニュースより~

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡県のとあるマンションで火災が発生したそうです。

 

 

 

 

 

 

火災が発生した際にペットを避難させて無事に助かったとのことで、一安心ですね。

 

 

 

 

 

 

「マンションにいるペットたちが助からなかったら・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えると恐ろしくてたまりません。

 

 

 

 

 

 

 

以下が引用元の記事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション火災でペットが避難 現場では鳴き声が響く 長泉町

静岡放送(SBS) 5/25(木) 19:12配信

 

静岡放送(SBS)

 5月25日午後、長泉町のマンションで火災がありました。このマンションはペットと同居できるマンションだったため住民と一緒に多くの動物たちが避難しました。
 25日午後2時すぎ長泉町下土狩のマンションで起きた火災。住民2人が軽いケガをした現場では人と一緒に避難する動物の姿がありました。
 台車に乗せられて救助された3匹の犬は消防隊員が救助に来てくれたため命が助かりました。
 こちらの小型犬は火事の発生からずっと震えが止まらないということです。
 こちらのインコも住人が1人では運べませんでしたが救助隊に運ばれ無事でした。火元の部屋には出火当時子ども2人がいたということで警察と消防は出火原因を調べる方針です。

 

 

▲ マンション火災でペットが避難 現場では鳴き声が響く 長泉町 (静岡放送(SBS)) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

 

 

>25日午後2時すぎ長泉町下土狩のマンションで起きた火災。住民2人が軽いケガをした現場では人と一緒に避難する動物の姿がありました。
 

 

 

 

 

 

 

>台車に乗せられて救助された3匹の犬は消防隊員が救助に来てくれたため命が助かりました。

 

 

 

 

 

 

消防隊員さんの迅速な対応には感謝、感謝ですね。

 

 

 

 

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

【引用元URL】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00010000-sbsv-l22

 

 

 

 

 

 

 

 

【悲報】円山動物園の飼育動物が相次いで死ぬ ~Yahoo! JAPAN ニュースより~

 

 

 

 

 

 

 

悲しいニュースが入ってきました。

 

 

 

 

 

 

円山動物園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飼育している動物の死が相次いでいるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

<札幌>動物死相次ぎ、24時間監視カメラ 円山動物園 

毎日新聞 5/24(水) 11:18配信

 

 札幌市は、円山動物園の獣舎に24時間監視カメラを設置することになった。飼育動物が死ぬ事故が相次いだため原因を確認するためで、関連費用2000万円を含む一般会計補正予算案を30日開会の定例市議会に提出する。

 市財政課によると、監視カメラは「カバ・ライオン館」「キリン館」「カンガルー館」に計35台を設置する。

 動物園では、2014年5月にマレーバクの雄「トーヤ」(2歳)が屋外プール内の鉄柵と壁の隙間(すきま)に顔を挟まれて水死。15年5月にはコツメカワウソの雄の赤ちゃん「ずんだ」がプールで溺れて死んだ。いずれも飼育施設の改修後の事故だった。このため職員の目が行き届かない夜間などに獣舎で事故につながる事象がないかなどを確認する。

 一般会計の補正予算案は、他に来年度から実施する介護保険制度の改正に対応するシステム改修に伴う繰り出し金や道路除雪費・学校施設改修費などでの労務単価上昇に伴う追加費用なども盛り込み、総額は8億9980万円となった。

 

 

<札幌>動物死相次ぎ、24時間監視カメラ 円山動物園 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

 

 

>動物園では、2014年5月にマレーバクの雄「トーヤ」(2歳)が屋外プール内の鉄柵と壁の隙間(すきま)に顔を挟まれて水死。15年5月にはコツメカワウソの雄の赤ちゃん「ずんだ」がプールで溺れて死んだ。いずれも飼育施設の改修後の事故だった。

 

 

 

 

 

 

改修工事終了後に動物園の飼育員さんが目を離している間に事故が起こったんでしょうね、きっと・・・。

 

 

 

 

 

 

この動物が相次いで死亡する事故の背景には何が原因で起こっているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

そこが気になるところですね。

 

 

 

 

 

 

今後もこのような事故がないようにカメラを使った監視に期待しています。

 

 

 

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

【引用元URL】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000036-mai-soci

 

 

 

 

 

 

 

【天然記念物】ウミネコの孵化 ~Yahoo! JAPAN ニュースより~

 

 

 

 

 

 

 

国の天然記念物に指定されている

 

 

 

 

 

 

ウミネコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孵化が始まったそうです。

 

 

 

 

 

 

数が減少して絶滅の危機にさらされている生き物の孵化は嬉しいニュースですね。

 

 

 

 

 

 

 

ひな包む羽優しく 蕪島ウミネコふ化始まる

河北新報 5/23(火) 11:42配信

 

 国の天然記念物で、ウミネコの繁殖地として知られる青森県八戸市蕪島が「子育て」の季節を迎えた。卵からかえったばかりのひなは、茶色っぽい産毛に包まれたテニスボールほどの大きさ。親鳥に餌をもらい、すくすくと成長している。

【ふわふわ】親鳥と寄り添うウミネコのひな

 島には今年、例年並みの約3万5000羽が飛来。最初のふ化が確認されたのは16日で、ピークは来月中旬になるという。2015年の火災で社殿が焼失し、再建途上の蕪嶋神社境内にも巣を構える。

 「ネコやキツネ、カラスなどの天敵に襲われることなく、無事に巣立ってほしい」と保護監視員の竹田英雄さん(71)は願う。

 ひなは7月下旬から北海道へと移り、数年後に再び故郷に戻ってくる。

 

 

ひな包む羽優しく 蕪島のウミネコふ化始まる (河北新報) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

 

 

>卵からかえったばかりのひなは、茶色っぽい産毛に包まれたテニスボールほどの大きさ。親鳥に餌をもらい、すくすくと成長している。

 

 

 

 

 

 

可愛いですね~。

 

 

 

 

 

 

羽毛に覆われてフワフワとした姿が何とも愛くるしい姿です。

 

 

 

 

 

 

このまますくすくと成長して立派な大人になることを心から願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

【引用元URL】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000010-khks-soci

 

 

 

 

 

 

 

【外来種】オオクビキレガイがもたらす農作物への害 ~Yahoo! JAPAN ニュースより~

 

 

 

 

 

 

佐賀県内で

 

 

 

 

 

 

『オオクビキレガイ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼ばれる外来種のカタツムリの姿が確認されたそうです。

 

 

 

 

 

 

外来種が確認されるということは外からの侵入が考えられますよね。

 

 

 

 

 

 

外からの侵入と言っても様々で輸入船に載っていた材木の中に紛れていたか、ペットショップやイベントで買ったものが脱走したか、のどちらかだと個人的には思います。

 

 

 

 

 

 

 

外来種カタツムリ「オオクビキレガイ」が農作物に食害 県機関「注意を」

佐賀新聞 5/22(月) 14:03配信

 

 佐賀県内で近年、外来種の「オオクビキレガイ」とみられるカタツムリが繁殖し、食害が問題になり始めている。環境省が、生態系や農業に被害を及ぼす疑いがある「未判定外来生物」に分類している生き物で、杵島郡内で農作物への食害が確認されている。

地中海沿岸原産

 国立環境研究所(茨城県つくば市)によると、オオクビキレガイは地中海沿岸原産で、殻が細長く2~3センチの円筒状で、黒っぽい体が特徴。雑食性で、植物に加え、他のカタツムリやナメクジも食べるが、詳しい生態は分かっていない。

国内では1988年に初確認

 国内への侵入経路や時期も不明だが、1988年に福岡県北九州市で初めて確認された。その後、和歌山や千葉県などでも見つかり、昨年は岡山や広島県でホウレンソウやシュンギク、レタスが食害に遭い、関係機関が注意を促した。

 杵島郡江北町八町の武富由美さん(48)の庭では、雨上がりの今月13日の朝、葉が食べられたソラマメの根元で多数見つかった。武富さんは「数年前から見かける。最初はナメクジ用の薬を使っていたけれど、対応できない数になってきた」と表情を曇らせる。

 佐賀自然史研究会の上赤博文さん(62)=小城市=は「牛津町では10年くらい前からいると聞く。土や植木鉢を移す際などに、生息域が徐々に広がっている可能性がある」と指摘する。

 杵島農業改良普及センターによると昨年、白石町の農家のハウスでキュウリの苗の食害があったほか、江北町の家庭菜園でもキャベツや白菜が食べられて、相談を受けたという。「圃場(ほじょう)周辺の野菜のかすなどを撤去して乾燥しやすくし、見つけたら袋に密閉して除去を」と注意を呼び掛けている。

 

 

外来種カタツムリ「オオクビキレガイ」が農作物に食害 県機関「注意を」 (佐賀新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

 

 

杵島郡江北町八町の武富由美さん(48)の庭では、雨上がりの今月13日の朝、葉が食べられたソラマメの根元で多数見つかった。武富さんは「数年前から見かける。最初はナメクジ用の薬を使っていたけれど、対応できない数になってきた」と表情を曇らせる。

 

 

 

 

 

 

駆除用の薬を使ってその後、耐性が付いてしまったのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

この耐性に関する対策をどう、考えてやっていくのか今後が気になるところです。

 

 

 

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

【引用元URL】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00010004-saga-sctch

 

 

 

 

 

 

 

 

【保護】コウノトリ親鳥の誤射後、雛を保護 ~Yahoo! JAPAN ニュースより~

 

 

 

 

 

 

 

あれから一夜が明けました。

 

 

 

 

 

 

コウノトリの親鳥が誤射で死亡した後についてですが、

 

 

 

 

 

 

『雛鳥を保護する』

 

 

 

 

 

 

ことが決まったそうです。

 

 

 

 

 

 

あのままだと雛は生きていくことが難しい、と判断して保護したのでしょう。

 

 

 

 

 

 

詳細は以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コウノトリ誤射>雲南市教委が巣のひな4羽保護へ 島根

毎日新聞 5/21(日) 14:03配信

 

 島根県雲南市に飛来した国の特別天然記念物コウノトリのペアの雌がハンターの誤射で死んだことを受け、市教育委員会は21日、巣に残されたひな4羽を保護すると発表した。雄の親鳥だけで子育てを続けるのは困難と判断した。

 コウノトリの飼育・放鳥に取り組む兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)で人工飼育した後、野外に放鳥する予定。

 雲南市教委によると、雌が死んだ後、雄はひなに餌や水を与えていた。しかし、親鳥が餌を探す間に他の鳥に襲われる恐れがあることや、ひなの成長で餌の量も増えることから保護を決めた。

 雲南市のペアは電柱の上に巣を作り、今年4月に1羽目のひなの誕生が確認された。2005年の野外放鳥後、島根県では初のコウノトリのひな誕生で、巣立ちが期待されていた。今月19日にサギを駆除中の地元猟友会の男性が誤って雌の親鳥を散弾銃で撃った。

 

 

コウノトリ誤射 ひなを保護へ | 2017/5/21(日) 14:28 - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

 

 

>雌が死んだ後、雄はひなに餌や水を与えていた。しかし、親鳥が餌を探す間に他の鳥に襲われる恐れがあることや、ひなの成長で餌の量も増えることから保護を決めた。

 

 

 

 

 

 

適切な判断だと思います。

 

 

 

 

 

 

保護するということがなかったらこの雛鳥は今頃、天敵に襲われて命を落としていたでしょう。

 

 

 

 

 

 

落とした命(雌親の命)が救われた命(雛鳥の命)に変わった。

 

 

 

 

 

 

雛鳥のすくすく育つ成長の過程を見守っています。

 

 

 

 

 

 

news.yahoo.co.jp

 

【引用元URL】

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6240467

 

 

 

 

 

 

 

【襲撃】山菜取りに出かけていて熊から襲撃を受ける ~Yahoo! JAPAN ニュースより~

 

 

 

 

 

 

 

悲しい事故がありました。

 

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

『熊から襲撃を受ける』

 

 

 

 

 

 

というものです。

 

 

 

 

 

 

山菜取りに出かけていた男性が突然、熊から襲われたそうです。

 

 

 

 

 

 

詳細は以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

<クマ>山菜採りで襲撃被害相次ぐ 青森県警が注意呼びかけ

毎日新聞 5/21(日) 10:42配信

 

 行楽日和が続く中、山菜採りの間にクマに襲われるケースが相次いでいる。青森市内で今年初の真夏日となるなど各地で気温が上がった20日、青森県鰺ケ沢町では、クマに襲われた男性が顔などにけがをした。先月末には弘前市内で女性が負傷したばかり。県警などは目撃情報のあった山林へ入らないよう呼びかけている。

【図解で納得】 クマに出合ったら

 鰺ケ沢署によると、20日午前11時ごろ、鰺ケ沢町長平町の雑木林で、山菜採りをしていた同町中村町の男性(66)が突然、体長約50センチのクマに後頭部をかみつかれ、顔を引っかかれた。男性は近くに止めていた車まで自力で戻った後、付近にいた人に助けを求め、ドクターヘリで弘前市内の病院に搬送された。命に別条はないという。

 同県内では4月30日、弘前市百沢の雑木林で山菜採りをしていた同市の70代女性がクマに太ももをかまれた。昨年のこの時期には、秋田県鹿角市でクマに襲われたとみられる男女4人が遺体で見つかった例もあり、青森、秋田両県警は今月18日、県境付近で警戒を呼びかけるチラシを配布している。

 

 

<クマ>山菜採りで襲撃被害相次ぐ 青森県警が注意呼びかけ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

 

 

>20日午前11時ごろ、鰺ケ沢町長平町の雑木林で、山菜採りをしていた同町中村町の男性(66)が突然、体長約50センチのクマに後頭部をかみつかれ、顔を引っかかれた。男性は近くに止めていた車まで自力で戻った後、付近にいた人に助けを求め、ドクターヘリで弘前市内の病院に搬送された。命に別条はないという。

 

 

 

 

 

 

山菜を採りに里山に出かける際には熊が出没する時間に気を付けて行った方が良さそうですね。

 

 

 

 

 

 

よく山に入る時は

 

 

 

 

 

 

「鈴を持ち歩いてください」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞くのですが、実際に効果はどうなんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

詳しい方がいらっしゃったら聞いてみたいですね。

 

 

 

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

【引用元URL】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000023-mai-soci

 

 

 

 

 

 

 

【悲報】特別天然記念物のコウノトリが誤射で亡くなる ~Yahoo! JAPAN ニュースより~

 

 

 

 

 

 

 

悲しいニュースが入ってきました。

 

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

国の特別天然記念物に指定されている

 

 

 

 

 

 

コウノトリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンターの誤射によって死んでしまった、というものです。

 

 

 

 

 

 

詳細は以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コウノトリ>ハンター誤射で死ぬ 島根

毎日新聞 5/19(金) 21:18配信

 

 島根県雲南市教委は19日、市内に飛来していた国の特別天然記念物コウノトリが、ハンターの誤射で死んだと発表した。兵庫県豊岡市の野外で巣立った5歳の雌。雲南市内で2歳雄とペアになって巣作りし、今年4月にひなの誕生が確認されたばかりだった。

【写真特集】生育地が違うコウノトリ3羽、滋賀に飛来

 雲南市教委によると、19日午前10時ごろ、地元猟友会の60代男性が同市内の田でサギの駆除をしていた際、誤って散弾銃で撃った。兵庫県立コウノトリの郷公園豊岡市)が付けた足輪があり、男性が猟友会に連絡した。

 巣には計4羽のひなが残されており、市教委は雄だけで餌の世話を続けられるか確認した上で、ひなを保護するか判断する。

 国内の野生コウノトリは1971年に絶滅。2005年に野外放鳥を始めた後、豊岡市周辺以外の遠隔地で、ひなが生まれたのは徳島県鳴門市に続いて全国2例目だった。

 同公園の山岸哲園長は「ひなが無事成長することを願ってやみません」とコメントした。

 

 

<コウノトリ>ハンター誤射で死ぬ 島根 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

 

 

>地元猟友会の60代男性が同市内の田でサギの駆除をしていた際、誤って散弾銃で撃った。兵庫県立コウノトリの郷公園豊岡市)が付けた足輪があり、男性が猟友会に連絡した。

 

 

 

 

 

 

あらら・・・。

 

 

 

 

 

 

これは、致命的なミスですね。

 

 

 

 

 

 

猟友会の方が鷺(サギ)と勘違いして撃ってしまったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

悲しい事故と言いますか。

 

 

 

 

 

 

もう、二度とこのようなことが起こってほしくないですね。

 

 

 

 

 

 

巣にいた雛たちには亡くなってしまった親鳥の分まですくすくと育ってほしいものです。

 

 

 

 

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

【引用元URL】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000099-mai-soci