読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【イベント】BLACK OUT!

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

 

 

 

今回は

 

 

 

 

 

 

 

『BLACK  OUT!』

 

 

 

 

 

 

 

についてご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

BLACK  OUT!とは年に数回、開催される

 

 

 

 

 

 

 

・昆虫

 

・爬虫類

 

・珍獣

 

 

 

 

 

 

 

を対面で実演販売を行っているイベントです。

 

 

 

 

 

 

 

先行入場は1800円、普通入場は1000円、半額入場は500円となります。

 

 

 

 

 

 

 

先行入場はお子様には嬉しい景品がもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

<BLACK  OUT!のメリット>

 

①珍しい動物に会えること

 

②その場で買うことができる

 

③分からなければ出展者の方に質問ができる

 

 

 

 

 

 

 

<BLACK  OUT!のデメリット>

 

①入場料が割高であること

 

②昆虫、爬虫類が苦手な人には向かない

 

③出展ブースの中には撮影禁止の場所がある

 

※イベントの出展ブースによって違う。

 

 

 

 

 

 

 

・・・っと、まあ、こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

爬虫類系のイベントに関しましては調べると出てくるので、興味のある方は是非、ご参加ください!!

 

 

 

 

 

 

 

https://www.blackout1999.com/?mobile=1

▲『BLACK  OUT!』公式HP

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また(^-^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢の実現に向けてできること

 

 

 

 

 

 

小さな夢があります。

 

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

国産の爬虫類である

 

 

 

 

 

 

ニホントカゲ

 

ニホンカナヘビ

 

ニホンヤモリ

 

 

 

 

 

 

 

の繁殖に成功させること。

 

 

 

 

 

 

 

身近な爬虫類の繁殖をさせた実例というものをあまり聞いたことがない。

 

 

 

 

 

 

 

繁殖に成功させた人が中にはいるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

成功させた人というのは相当な知識と経験というものがないと実現しない。

 

 

 

 

 

 

 

そのためにできることは何か?

 

 

 

 

 

 

 

『専門書籍を買って勉強する』

 

 

 

 

 

 

 

ことと

 

 

 

 

 

 

 

『棲息する場所に行って自分の目で確かめる』

 

 

 

 

 

 

 

この2つのみ。

 

 

 

 

 

 

 

勉強と同時に飼育環境を設備をしなくてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

設備は十分、整った。

 

 

 

 

 

 

あとは、お迎えするだけだね。

 

 

 

 

 

 

 

簡単に繁殖させる方法はたった1つ。

 

 

 

 

 

 

雄と雌のペアで飼えば勝手に交尾して勝手に卵を産んで繁殖する。

 

 

 

 

 

 

まあ、ペアの相性次第だけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【書籍のご紹介】爬虫類・両生類の飼育環境のつくり方

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

 

今回は

 

 

 

 

 

 

自宅にある書籍

 

 

 

 

 

 

『爬虫類・両生類の飼育環境のつくり方』

 

 

 

 

 

 

についてご紹介します。

 

 

 

 

 

2~3年前に爬虫類専門店で購入して飼育環境の再現について学ぶきっかけとなりました。

 

 

 

 

 

 



f:id:s-kouda0386:20170404230628j:image

▲こちらがその『爬虫類・両生類の飼育環境のつくり方』です。  身近な爬虫類の飼育環境の作り方について手順が書かれています。

  

 

 

 

 

 

飼育環境の整え方についても記載されているので、分かりやすいかと思います。

 

 

 

 

 

 

僕も含めてですが、初心者の方は

 

 

 

 

 

 

「飼い方が分からない・・・」

 

 

 

 

 

といった悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思いますので、その場合は専門書籍にじっくりと目を通して学んでその知識を活かして手順通りに作れば飼育環境(育てるための空間)の再現は可能です。

 

 

 

 

 

ニホントカゲ

 

ニホンカナヘビ

 

ニホンヤモリ

 

 

 

 

 

 

などは採取した場所(捕まえた場所)を参考に落ちている素材を使えば元にいた環境を作り上げることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

なるべく彼らがいた場所を作った方が安心して落ち着くし、長期飼育を続けていくためにはベストかな、と個人的には思います。

 

 

 

 

 

爬虫類を含めた動物の飼育には答えが存在しない。

 

 

 

 

 

答えがない中、試行錯誤してやっていくのが何よりの楽しみです。

 

 

 

 

 

それでは、また(^-^)/

 

 

 

 

 

 

【飼育管理】ヤモリとトカゲの管理方法

 

 

 

 

 

 

 

爬虫類を飼っていて思うのですが、

 

 

 

 

 

 

『トカゲ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ヤモリ』

 

 

 

 

 

 

とで飼育の難易度に違いがある気がします。

 

 

 

 

 

 

トカゲは

 

 

 

 

 

 

・白熱灯(バスキングライト)

 

・紫外線灯(トゥルーライト)

 

・クリップライト

 

 

 

 

 

 

など、照明を必要としますが

 

 

 

 

 

 

ヤモリの場合は

 

 

 

 

 

 

・パネルヒーター

 

 

 

 

 

 

のみで保温することが可能なので、管理が簡単だと感じました。

 

 

 

 

 

 

室内の温度が低く、全体に熱が行き渡らない場合は夜間保温用ライト(ムーンライトランプ)を使って保温させます。

 

 

 

 

 

 

・・・っと、まあ、こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

基本的には爬虫類の飼い方や感じたことをそのまま書いていますが、お伝えする部分があれば日々書き綴っていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

次回は自宅にある爬虫類に関連した書籍についてご紹介したいと思います。     

 

 

 

 

 

 

では、また(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

【フィールド】大岡川に出かけてみよう!!

 

 

 

 

 

 

 

先日、黄金町で開催されたイベントで出展者の方に

 

 

 

 

 

 

大岡川

 

 

 

 

 

 

について教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

学生時代に散歩するためにチラッと行った程度でしたが、今年はフィールドワークに出かけるため、久しぶりに上大岡まで行ってみようと考えています。

 

 

 

 

 

 

フィールドに出かけるために必要な持ち物は

 

 

 

 

 

 

・動きやすい服装

 

・ビニール袋(必要に応じて2枚ほど)

 

・プラケース(Sサイズ)

 

・500mlのペットボトル

 

・割り箸で作った竿

 

・餌(ワーム類)

 

 

 

 

 

 

以上、5点となります。

 

 

 

 

 

 

目的は

 

 

 

 

 

 

『身近な爬虫類の生息場所の確認』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大岡川は今回が初となります。

 

 

 

 

 

 

身近な爬虫類を探すのが楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

特にニホンカナヘビと呼ばれる体表(体の表面)が鱗で覆われていてザラザラとしている尻尾の長いトカゲは棲息する場所(すんでいる場所)によっては尻尾の長さと体色(体の色)が異なるので、そこが観察する上で面白いポイントとなります。

 

 

 

 

 

 

ニホンカナヘビは素手で捕まえてニホントカゲは竿で釣って捕まえます。

 

 

 

 

 

 

ニホントカゲに関しては素手で捕まえるよりも竿で釣って捕まえた方が効率良く捕まえることができます。

 

 

 

 

 

 

詳しくはニホントカゲの捕まえ方についてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

平日の水曜日、土曜日の帰りが楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

では、また(^O^)/

 

 

 

 

 

 

意外な場所で見つけた日本産の爬虫類

 

 

 

 

 

 

 

本日は横浜で開催された清掃ボランティアに行って参りました。

 

 

 

 

 

 

まあ~、路上に落ちているゴミはタバコが多いこと・・・。

 

 

 

 

 

 

話がそれてしまいましたが、意外な場所で日本産の爬虫類を見つけました。

 

 

 

 

 

 

その場所とは・・・

 

 

 

 

 

 

『黄金町パンとコーヒーマルシェ』

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

場所は黄金町で大岡川沿いに会場がございます。

 

 

 

 

 

 

会場内は飲食は勿論ですが、ハンドメイド作品の購入ができます。

 

 

 

 

 

 

このイベントの出展者さんで

 

 

 

 

 

 

『へびおじさん』

 

 

 

 

 

 

という方がいらっしゃってアオダイショウを展示していました。

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170402163936j:image

▲こちらがその『アオダイショウ』です。  身近に棲息する爬虫類の1つです。  「足がない」「ヌメヌメしている」「スベスベしている」と敬遠されがちな彼らですが、よ~く見てみると目がかわいいでしょう?

 

 

 

 

 

 

こういう生き物に触れる機会のある場所があれば魅力というのが伝わるのではないか、と考えています。

 

 

 

 

 

 

では、また(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

【餌】餌昆虫の飼い方

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

 

 

 

今回は

 

 

 

 

 

 

 

『餌昆虫の飼い方』

 

 

 

 

 

 

 

についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

数日前から職業訓練のWord文書で餌昆虫の飼い方について書いていたところです。

 

 

 

 

 

 

 

まず、初めに餌昆虫の飼育に必要な物をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

<用意するもの>

 

 

 

 

 

 ①コオロギ

・プラケース(Lサイズ)

・紙製の卵パック

・餌皿

・餌(キュウリ、キャベツ、煮干しなど)

 

 

 

 

ミールワーム

・プラケース(Sサイズ)

・ふすま(小麦の表皮部分の粉) ※床材にも餌にもなる万能の粉。

・餌(固形フード、きゅうり、人参など)

 

 

 

 

③ハニーワーム

・透明プラ容器

・ふすま、又はハニーワーム専用フード

 

 

 

 

 

③甲殻類(ワラジムシ、ダンゴムシ)

・プラケース(Sサイズ)

・黒土

・落ち葉 

・苔

・餌(煮干し、キュウリ、人参など)

 

 

 

 

 

 です。

 

 

 

 

 

<コオロギの飼い方>

 

・Lサイズのプラケースをご用意します。

 

・底に紙製の卵パックを入れます。

 

・餌皿の中に餌を入れて完成!!

 

※野菜はこまめに取り替えること。

※コオロギはデリケートな生き物のため、掃除は徹底して行うこと。(糞による中毒を起こして死亡する可能性が高くなるため)

 

 

 

ミールワームの飼い方>

 

・Sサイズのプラケースをご用意します。

 

・底に『ふすま』を敷きます。

 

・切った野菜と固形フードを入れて完成!!

 

※野菜はこまめに取り替えること。(カビが生えることを防ぐため)

 

<ハニーワームの飼い方>

 

・透明プラ容器をご用意します。

 

・ふすま、又はハニーワーム専用フードを入れて完成!!

 

※専用フードは湿り気を保ちやすいので、カビには気をつけること。

 

<甲殻類(ワラジムシ、ダンゴムシ)の飼い方>

 

・Sサイズのプラケースをご用意します。

 

・黒土を底に敷きます。

 

・落ち葉と苔でレイアウト(配置、設計)します。 ※落ち葉は餌にもなる。

 

・餌皿に切った野菜と煮干しを入れて完成!!

 

※野菜はこまめに取り替えること。(カビが生えることを防ぐため)

 

 

 

 

 

 

・・・っと、まあ、こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

Word文書が完成次第、画像を公開します。

 

 

 

 

 

 

では、また(^O^)/