読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<訂正版>ニホントカゲの飼い方

 

 

 

 

 

 

訓練が終わってプライベートを楽しみながら考えてみた。

 

 

 

 

 

 

「自分が書いたブログは見やすいレイアウトなのだろうか?」

 

 

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

以前、書いたブログがこちら。

 

 

 

 

 

 

s-k-reptiles2008.hatenadiary.jp

▲こちらがブログを開設して間もない時に書いた記事である。 レイアウトにこだわりすぎて配色が派手で見づらい。

 

 

 

 

 

さて、ここから本題だ。

 

 

 

 

 

 

 

再度、

 

 

 

 

 

 

ニホントカゲの飼い方』

 

 

 

 

 

 

についてご説明したいと思います。

 

 

 

 

 

 

文章を引用して分かりやすいように工夫をすることが目標です。

 

 

 

 

 

 

まず、はじめにニホントカゲについてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

ニホントカゲとは?>

 

  • 和名:ニホントカゲ
  • 英名:Japanese-Five-Lined-Skink
  • 学名:Plestiodon-Japonicus

 

 

 

f:id:s-kouda0386:20170412225733j:plain

 ▲平成29年4月12日(水) 『野毛山公園』にて撮影。

 

 

 

 

 

<餌>

 

 

昆虫食でクモ、コオロギ、バッタ、イモムシ、甲殻類(ワラジムシやダンゴムシ)などを食べる。 個体によっては『果物』を食べるものも存在する。

 

※ピンセットから慣らせると生肉やふやかした固形フードを食べるようになる。

 

 

 

 

 

f:id:s-kouda0386:20170412222818j:plain

▲『ハサミムシ』を捕えて食べている様子を撮影。 分かりづらいですが、咥えているところを撮影しました。 

 

 

 

 

 

<生息地>

 

 

里山に近い環境で草木の生い茂っている日当たりの良い場所に生息する。 主に石積みの間にあるところに巣穴を掘って暮らしている。 

 

※冬場になると『冬眠』する。

 

 

 

<特徴>

  • 成体(大人)は茶褐色で身体に2本の白い線が入るのが特徴。
  • 雄(♂)は繁殖期になると顎が発達して赤色になる。
  • 雌(♀)は幼体(子ども)の面影を残すことの方が多い。
  • 幼体はコバルトブルーの尻尾している。
  • 繁殖期なると雄同士がテリトリー(縄張り)を巡って闘争するようになる。
  • 雌は6月頃に活動を開始。
  • 雌は卵を産んだら孵化するまで巣穴の中にこもり、世話をする。

 

 

 

 

f:id:s-kouda0386:20170412221226j:plain

▲公園内にある石積みの間で見つけたニホントカゲの巣穴。 土の中に巣穴を掘って暮らしています。

 

 

 

 

 

 

続いて、ニホントカゲの飼育に必要な設備についてご紹介いたします。

 

 

 

 

 

<必要なもの>

 

  • 45cm水槽
  • 園芸用の黒土
  • 腐葉土
  • 枯れ葉
  • シダ植物
  • 砂利
  • 流木
  • 枯れ枝
  • 朽木
  • 隠れ家(ロックシェルターMサイズ)
  • 水飲み入れ
  • クリップスタンド ※照明を取り付けるために必要。
  • バスキングライト(白熱灯)
  • トゥルーライト(紫外線)

 

<作り方>

 

  1. 45cm水槽の底に黒土と腐葉土を敷く。(※よく潜るので、厚めに敷くとトカゲが潜って落ち着きます。) 
  2. 隠れ家と水飲み入れ、石、流木を入れる。
  3. 石積みに見立てるために小石を積む。
  4. 砂利を敷く。
  5. 枯れ葉と苔を敷く。
  6. 小枝を入れる。
  7. シダ植物を入れる。(※シダ植物は日影を好む植物なので、日が当たらないように気を付けること。)
  8. 最後に、トカゲ君を入れて完成!!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:s-kouda0386:20170413203447p:plain

▲こちらが完成させたニホントカゲのレイアウトです。 4年前に完成させた最高傑作の1つです。 完成させるコツはなるべく棲息している環境に近づけるために自然素材を使用します。 自然素材を使用することで棲息する環境を忠実に再現することができます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:s-kouda0386:20170413203904p:plain

▲学生時代に飼っていたニホントカゲの『ドラゴ君』です。 野生のニホントカゲは警戒心が強く、すぐに逃げる傾向が強いのですが、この子は珍しく逃げる素振りは見せませんでした。

 

 

 

 

 

 

<世話をする方法>

 

  • 餌は生きた昆虫を与える。(※大人は1日置き、子どもは毎日与える。 餌を与える時には必ず、栄養剤を添付する。 個体によっては慣れればピンセットから生肉、ふやかした固形フード、果物を食べる)
  • 午前中は日当たりの良い場所に出して日光浴をさせる。(消化を促進、栄養の吸収を良くするため)
  • 夏場は常温で管理する。(※日当たりの良い場所で日光浴させる時には熱中症に気を付けること。 紫外線は必須なので、必ず紫外線灯を使用する)
  • 湿り気を好む傾向があるので、土は随時、霧吹きで湿らせる。(※湿らせすぎは細菌の温床、カビの原因に繋がるので気を付けること。
  • 水は毎日、取り替えること。
  • 秋頃に餌を食べなくなったら冬眠させる。(※越冬させることも可能。 越冬させる場合は温度管理が重要で保温器具で保温する。)

 

 

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

まだ至らない部分がございますが、ブログを長年書いている方のブログを参考に上手く書けるように少しずつやっていけたら、と考えています。

 

 

 

 

 

 

それでは、また(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィールドの魅力

 

 

 

 

 

 

 

午前中の訓練が終わった後にいつもの場所(野毛山公園)に行った。

 

 

 

 

 

 

 

独りの時間が大好きで午前通所が終わった後はほぼフィールドに出かけるのに時間を費やしている。

 

 

 

 

 

 

 

幼少時代も今も変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

近所の草むらに行っては虫を捕まえたり、トカゲを捕まえたりしていた。

 

 

 

 

 

 

 

生き物の観察をすることが何よりの生き甲斐と言える。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412220340j:image

▲石積みの近くで見つけたニホントカゲの幼体。  幼体(ようたい)とは、生き物の『子供』を指す意味合いで使われます。  昆虫の子供は『幼虫(ようちゅう)』というふうに指しますよね。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412220842j:image

ニホントカゲの成体(せいたい)。  成体とは、生き物の『大人』という意味合いで使われます。  この子は顎が発達していて赤い色をしているのが分かりますね。  雄(♂)の特徴が出ているのがポイントです。  

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412221226j:image

▲巣穴から様子を伺うニホントカゲの成体。  ニホントカゲは巣穴を掘ってその中で暮らしています。  

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412221403j:image

▲分かりづらいのですが、真ん中にニホントカゲがいます。  彼らは変温動物で自ら体温調節することが出来ないので、日当たりの良い場所に出てきて日光浴をします。  体温を一定に保ったら餌を捕るためにハンティング開始だ!!

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412221705j:image

▲この子も同様に日光浴をするために姿を現しました。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412221828j:image

▲春先になると大人は勿論、子供の姿もよく見かけるようになります。  この子は完尾(一度も尻尾を切っていない状態)で近づいても逃げる素振りは見せませんでした。  同じトカゲでも環境によって物怖じをしない子がいたり、臆病ですぐに姿を隠す子もいたりと多様性があります。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412222246j:image

▲石積みの間から姿を見せる幼体。  この子は天敵に襲われたのか尻尾の先端がありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412222419j:image

▲成体。  近づくとすぐに隠れてしまうので、遠くから撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412222526j:image

▲この子は餌となる『ハサミムシ』を補食(餌を捕らえて食べること)していました。  大きいせいか飲み込むのに時間がかかった様子。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412222717j:image

▲場所を変えて餌を加え直しています。  頑張れ、あともう少しだ!!

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412222818j:image

▲まだ時間がかかりそうね・・・。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412222859j:image

▲やっと食べ終わることが出来た・・・。  ああ・・・、お腹がいっぱい。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412223050j:image
▲さて、食べ終わったし、日光浴でもするか!!  体温を上げて消化を促進して体を動かすためのエネルギーを作らないとね。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412223244j:image

ニホントカゲが好む場所についてですが、自然環境が恵まれていて里山に近い場所に棲息(せいそく)していることの方が多いです。  草木が覆い茂っていて石積みがある場所なんかに行くと必ずと言っても良いほど、姿を見かけます。  横浜の野毛山公園ニホントカゲのパラダイスですね。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412224239j:image

▲同じトカゲでも大きさや色が異なるということに最近、気が付きました。  この子は顎が真っ赤で立派な雄だということが分かります。  彼らは春先になるとテリトリー(縄張り)を巡って闘争をします。  今日は別のトカゲが雄同士、テリトリー争いをしていました。  さて、その後はどうなったのか?  気になるところです。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412224830j:image

▲石積みで日光浴中・・・。  この子は僕の気配を感じて隠れてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412225217j:image

▲石積みの間から様子を伺っているところ。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412225305j:image

▲何を思ったのか、睨まれました・・・。  けっこう、眼光が鋭かったですね。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412225549j:image

▲この子も物怖じをしない様子で近づいても逃げませんでした。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412225639j:image

▲ぼけてしまいましたが、別の角度から撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170412225733j:image

▲最後に、さっきいた眼光の鋭い子を撮ってみました。  ライトをONにすると綺麗に撮れましたね。

 

 

 

 

   

 

 

 今日はこれまで。

 

 

 

 

 

 

 

今日行った場所は

 

 

 

 

 

 

 

野毛山公園

 

大岡川弘明寺方面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山の生き物の観察が出来て良かった、と考えています。

 

 

 

 

 

 

 

フィールドの魅力は

 

 

 

 

 

 

 

『自然に触れることができる』

 

『生き物を間近で観察することができる』

 

 

 

 

 

 

 

この2点だと僕は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

拙い文章で恐縮ですが、最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また(^-^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィールド調査日誌の進捗状況

 

 

 

 

 

 

 

個別訓練の時間を使って作ると宣言して2日ほど経つ。

 

 

 

 

 

 

 

進捗状況としてはあまりよろしくない。

 

 

 

 

 

 

 

プライベート用は家で作った方が早い、と判断した。

 

 

 

 

 

 

 

時間の使い方が間違っていたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

個別訓練は就労に向けて訓練を受ける場。

 

 

 

 

 

 

 

プライベートの時間ではない。

 

 

 

 

 

 

 

・・・っと、まあ、話が逸れてしまったが作成途中のフィールド調査日誌がこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170411214220j:image
▲こちらがその『フィールド調査日誌』です。  場所と観察する内容に分けて作りました。  まだ完成というわけではないので、付け加えるところがあれば足します。

 

 

 

 

 

 

 

普段の僕は周囲の人と協力してグループワークに参加して意見を言ったり、周りの人の意見をまとめて発表していますが、本当は自分の好きなことを好きなだけ語りたいし、調べたり、考えたり、勉強したり、研究したりしたいのです。

 

 

 

 

 

 

 

時と場合、場所に応じてプライベートの話は控えていますが。

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日も職業訓練があるし就職に向けて必要な書類作成の続きに取りかかりますか!!

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また(^-^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

達成感を味わうということ

 

 

 

 

 

 

今年に入ってからやりたいことに向けて行動を移すようになった。

 

 

 

 

 

 

仕事探しも大切だけれど、自分の好きなことも生きていく上では大切かな、って。

 

 

 

 

 

 

仕事人間になってしまうと時間の確保をするのが大変になる。

 

 

 

 

 

 

そうならないためには時間を有効活用できるようになりたい。

 

 

 

 

 

 

仕事探しをしつつ好きなことを楽しむ、という感じでバランスを保つ。

 

 

 

 

 

 

今のところ、Wordで

 

 

 

 

 

 

ニホントカゲを飼ってみよう!!』

 

ニホンカナヘビを飼ってみよう!!』

 

ニホンヤモリを飼ってみよう!!』

 

 

 

 

 

 

を完成させたものが手元にある。

 

 

 

 

 

 

Excelで完成させた

 

 

 

 

 

 

『飼育観察日誌』

 

 

 

 

 

 

もあります。

 

 

 

 

 

 

PowerPointの資料

 

 

 

 

 

 

『身近な生き物の食性・生態・飼育環境』

 

 

 

 

 

も3月に完成させました。

 

 

 

 

 

 

前回も書きましたが、どんなに単純な作業でも工夫次第で楽しめる方法はあるな、って思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

こうして達成感を味わえるのはやりがいを感じます。

 

 

 

 

 

 

明日はWordで

 

 

 

 

 

 

『フィールド調査の日誌』

 

『餌昆虫の育て方(続き)』

 

 

 

 

 

 

でも作りますか!!

 

 

 

 

 

 

 

フィールド調査の日誌

 

 

 

 

 

 

 

明日から通常通り、訓練がある。

 

 

 

 

 

 

 

午前中は講座に参加、午後は個別で自分がやりたい内容の訓練を受ける。

 

 

 

 

 

 

 

明日の予定ですが、

 

 

 

 

 

 

 

午後に

 

 

 

 

 

 

 

『フィールド調査の日誌』

 

 

 

 

 

 

 

を作成しようと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

Word、又はExcelを使用します。

 

 

 

 

 

 

 

Micro Office Softを使うということは決まっていますが、どんな作り方をするかはまだ決まっていません。

 

 

 

 

 

 

どんなに単純な作業でも工夫次第で楽しくなる。

 

 

 

 

 

 

そう、信じています。

 

 

 

 

 

 

身近な生き物の観察のために使うフィールド調査の日誌作成が楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

それでは、また(^-^)/

 

 

 

 

 

 

 

【役割】飼育観察日誌

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中に職業訓練のプログラムが終わった後に余った時間を利用して

 

 

 

 

 

 

 

『飼育観察日誌』

 

 

 

 

 

 

 

を作ってみた。

 

 

 

 

 

 

 

Excelに触れたのは4年ぶりで当時は偶然、検定に受かったという感じで表作成と表計算はあまり得意ではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

仲間の支えがあったからこそ課題を克服出来たのだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

飼育観察日誌を1日で完成させた時の達成感が半端ない。

 

 

 

 

 

 

 

内心、

 

 

 

 

 

 

 

「やった~(ノ≧∀≦)ノ」

 

 

 

 

 

 

 

って、なります。

 

 

 

 

 

 

 

どんなに単純な作業でも工夫すればする程、楽しくなる。

 

 

 

 

 

 

 

今年は本当にツイてる、と実感する年ですね。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170408231332j:image

▲こちらがその完成させた『飼育観察日誌』です。

 

 

 

 

 

 

 

・種類

 

・日付

 

・名前

 

・性別

 

・温度

 

・湿度

 

・餌

 

・糞

 

・状態

 

 

 

 

 

 

 

以上、9個の項目でした。

 

 

 

 

 

 

 

手書きで作るよりもパソコンの方が早いですね。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また(^-^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

爬虫類Cafe

 

 

 

 

 

 

 

近年では女性を中心に注目を浴びている動物がいます。

 

 

 

 

 

 

 

それは、爬虫類です。

 

 

 

 

 

 

 

そんな貴女にオススメのスポットがございます。

 

 

 

 

 

 

 

『爬虫類Cafe』

 

 

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

首都圏は勿論ですが、近畿地方でもわずかながら店舗があります。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、僕がオススメする爬虫類Cafeをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

①横浜亜熱帯茶館  ~爬虫類Cafe~

 

中国茶とデザートが食べられる爬虫類喫茶です。

 

爬虫類をモチーフにした雑貨のお取り扱いもございます。

 

リクガメとの触れ合いも可能です。

 

※触れ合いコーナーの近くに消毒液があるので、感染症予防のため、入退室時に消毒します。

 

 

 

 

 

 

 

②爬虫類空間  ~爬虫類Cafe&Bar~

 

爬虫類と触れ合いの出来る喫茶店。

 

事前連絡をして予約をすることも可能です。

 

1人で爬虫類に囲まれるのも良し、知り合い同士で爬虫類について語るのも良し!!

 

こちらの喫茶店の看板メニューは

 

『壁チョロのパンケーキ』

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

・・・っと、こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

文面では非常に伝わりづらいですが、機会があれば爬虫類喫茶に行って画像と共にレビューを書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また(^-^)/