読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【動物】愛着を持つということ

 

 

 

 

 

 

最近はニホントカゲの観察をするために何度か野毛山公園に足を運んでいる。

 

 

 

 

 

 

それは、何故か?

 

 

 

 

 

 

『野生の姿』

 

 

 

 

 

 

が見られるからだ。

 

 

 

 

 

 

爬虫類は犬や猫と違った動きを見せるから面白い。

 

 

 

 

 

 

ニホントカゲにしてもニホンカナヘビにしても彼らは体温が上昇すると素早く活動するからそこが良いところだと思う。

 

 

 

 

 

 

野生を思わせる動きが良いんだよね。

 

 

 

 

 

 

・・・っと、まあ、話がだいぶ逸れてしまったが本題に入りたいと思う。

 

 

 

 

 

 

自然に棲息する爬虫類。

 

 

 

 

 

 

彼らを捕まえて飼っている方もいるでしょう。

 

 

 

 

 

 

・爬虫類=『人に慣れない』

 

 

 

 

 

 

というイメージがあったが、ゆくゆくは考えてみた。

 

 

 

 

 

 

『愛着を持つ』

 

 

 

 

 

 

ことで彼らも打ち解けられるのではないか、と思うようになった。

 

 

 

 

 

 

学生時代(今から7年前)に捕まえたニホントカゲは3年以上かけて飼育した経験がある。

 

 

 

 

 

 

いきなり近づくと驚いてしまうので、彼らの目線と同じ高さに合わせて接したら物怖じをしなくなった。

 

 

 

 

 

 

そこで・・・  だ。

 

 

 

 

 

 

今日、見かけた個体に対して目線を合わせてみた。

 

 

 

 

 


f:id:s-kouda0386:20170325155435j:image

▲『横浜市立図書館』の花壇の前で見つけた個体。  物怖じはせず、人が近づいても逃げる素振りは見せなかった。

 

 

 

 

 

 

どの動物もいきなり近づくと驚いてしまうので、目線の高さに合わせて接しましょう。

 

 

 

 

 

 

自然と彼らの方から心を開いてくれるはず。

 

 

 

 

 

 

長文、失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

それでは、また(^-^)/