読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【飼育】“多頭飼育”がもたらす問題とは? ~Yahoo! JAPAN ニュースより~

 

 

 

 

 

 

 

近年、

 

 

 

 

 

 

 

『多頭飼育』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

多頭飼育がもたらす問題とは何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

具体的に考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

あなたが

 

 

 

 

 

 

「猫を飼いたい!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ったとします。

 

 

 

 

 

 

その時に必要な設備は何なのか、を考えたことはありますか?

 

 

 

 

 

 

設備が不十分な状態で猫を飼ったとします。

 

 

 

 

 

 

そのような状態で動物を飼ったらどうなりますか?

 

 

 

 

 

 

スペースに余裕がなくなって

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

 

『飼う場所』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なくなる、ということです。

 

 

 

 

 

 

猫の多頭飼育の問題に関しては設備の不十分に原因が生じてくるのではないか、と考えています。

 

 

 

 

 

 

以下、引用記事です。

 

 

 

 

 

 

 

猫の多頭飼育“崩壊” 劣悪現場を取材

TBS系(JNN) 5/10(水) 16:51配信

 飼っていた数匹の猫が、いつの間にか数十匹に。飼い主が手に負えなくなり、助けを求めるケースが増えています。NPO法人によるレスキューの現場にカメラが入りました。

 東京・葛飾区の住宅街。一見、猫を飼っているだけの平凡な一軒家に見えますが、リビングへの扉を開けると、入り口付近に1匹。そして、奥には数え切れないほどの猫たちが・・・。その数・・・
 「全部で46か47(匹)くらい」(飼い主の女性<50代>)

 大量の猫を飼っているのは4人暮らしの家族。母親によると、10年ほど前、知人から猫をつがいでもらい受け、その後は、子どもを産むがままに放置していたといいます。そして・・・

 「いっぱい(子猫が)生まれて、何匹か食べられる瞬間とか。首だけ無い状態とか、そこら辺にあったりして」(飼い主の娘<10代>)

 大量の猫たちは共食いまでするようになったといいます。手に負えなくなった一家NPOに猫の保護を求めたのでした。

 「どんどん増えていくということが問題」(NPO法人ねこけん 溝上奈緒子 代表)

 こうした現象は「多頭飼育崩壊」といわれています。多頭飼育には動物を救おうと、野良猫などを集めたり、高齢者が「孤独死」し、残されたペットがその後大量に増えるなど、いくつかのパターンがあるといいます。今回は、いったい何が原因だったのでしょうか。

 「(去勢避妊手術をしようとは?)避妊する費用がどんどん追いつかなくなり、どうすることもできない」(飼い主の女性<50代>)

 調査したNPOは同じような理由で多頭飼育崩壊が起きている現場を数多く目の当たりにしてきました。そこで先月から始めたのが、猫と犬の去勢避妊手術を全国で初めて「無料」で行う動物病院です。

 「本来ならば私がつくった動物病院は、行政がやるべきだと思う」(NPO法人ねこけん 溝上奈緒子 代表)

 行政の対応も問われています。

 

 
 
 
 
 
 


headlines.yahoo.co.jp

 

猫の多頭飼育“崩壊” 劣悪現場を取材(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

 

【引用元URL】

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170510-00000068-jnn-soci