読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【急増】ツキノワグマが里山から降りてきた理由とは? ~Yahoo! JAPAN ニュースより~

 

 

 

 

 

 

 近年、

 

 

 

 

 

 

ツキノワグマの数が急増しているそうです。

 

 

 

 

 

 

「その理由とは何か?」

 

 

 

 

 

 

について

 

 

 

 

 

 

考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

急増している理由としては

 

 

 

 

 

 

ツキノワグマが生息している里山の餌が減少していること”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

餌を求めて人里に姿を現しているのではないか、と考えています。

 

 

 

 

 

 

地球温暖化の影響で餌が少なくなっているのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツキノワグマ>宮城 捕獲上限200頭に引き上げ

河北新報 5/11(木) 11:54配信

 

 宮城県ツキノワグマの個体数維持を目的とした新たな管理計画(2017~21年度)を策定した。狩猟と有害駆除による捕獲上限を、年間50頭から200頭に引き上げる。県自然保護課は「調査の精度が上がり、県内に多くのクマが生息している実態が明らかになったため」と説明する。

【最近のクマ】なぜ人里へ?

 県内に生息するクマの数は、08年度は401~896頭だったが、14年度は1199~2147頭と2倍以上に増えた。クマの体毛を定点採取し生息数を推測する調査手法から、定点カメラで個体を識別する手法に変更。より正確な生息数の把握につながったことで頭数が増えた。

 捕獲数の上限は環境省のマニュアルに基づき、推定生息数(1669頭)の12%に当たる年間200頭に設定した。管理計画には農林水産物の被害防止策として、電気柵導入の促進も盛り込んだ。

 近年は餌の不作や住宅地の拡大により、クマが人里に下りてくるケースが続出している。過去6年間のクマの出没件数は表の通り。16年度は過去最高の1642件に上り、有害駆除された頭数は131頭、人身被害は6件あった。

 同課は「クマの絶対数が増えているとは断言できないが、出没情報が頻繁に寄せられるようになり、増加した印象を与えている。クマの生息は豊かな自然環境の指標でもあり、数を適正に管理しながら共生を図りたい」と話す。

 

 

<ツキノワグマ>宮城 捕獲上限200頭に引き上げ (河北新報) - Yahoo!ニュース

 

headlines.yahoo.co.jp

 

【引用元URL】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000017-khks-soci